ヒロブログ

役者ヒロさんのありふれた日常。しょっぱい試合でスイマセン!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昭和57年(今から23年前)の東映の映画です。

すげーっす。もうほんとすげーっす。
なんたって約2時間ずぅーっと暴動です。
暴れまくってます。
狂ってます。
ストーリーも何もありません。
ただそれだけの映画です。

最後の30分くらいはずっと暴動を追ってるだけで、途中から「これ、ノンフィクション??」って錯覚させるくらいリアリティあります。
めちゃくちゃですよ(笑)

よくこれ映画館でやれたね~、ってくらいめちゃくちゃな映画です。
今じゃ考えられないよ。
もし今同じ作品公開しようとしたって無理でしょ。
まずPTAが反対するっしょ。
これを見たアホなやつらが、パンクの反逆精神もわからんくせに真似して暴れるっしょ。
その前に撮れないっしょ。
撮れる監督、スタッフ、役者がいねぇよ。

一番感動したのが、『スターリン』ってパンクバンドが出てること。
ま、それ目当てに借りた映画なんですが。。。
当然みんな知らないだろうなぁ。俺が中学の頃のカリスマ。
遠藤ミチロウ知ってます??マイクの変わりに拡声器使う人。
この人もすげーよ。鳥肌実以上にすげーよ。超リスペクトしてた人ですわ。

この映画を語る上で欠かせないのが「パンク」と「ロック」です。
はい!!ここでヒロさん的独断と偏見のパンク講座。
自分の熱い思いをストレートに叫んだものが「ロック」
抑圧という殻をぶち破る為の大いなる叫びが「パンク」
だからパンクのこともロックのこともわからんやつが、この二つを合わせて「パンクロック」なんて言葉を使いますがそれは邪道です。
「ロックはロック」
「パンクはパンク」
その違いが解ると最後の対バンと暴動のシーンがもっと面白くなると思う。
違うんすよ。パフォーマンスが。スタイルが。バトルロッカーズとスターリンじゃ。

・・・・なんて熱く語りはしましたが、あんまりオススメは出来ません。

なぜなら、間違い無く一般受けする映画ではないから。
100人見たらせいぜい5人ですね。何かを感じるのは。
もしかしたら、最後まで見られない人も多いと思う。
でも俺はその5人と話がしてみたい。

【評価】★☆☆☆☆

【コメント】
バイオレンス系カルトムービーやね。
すごくめちゃめちゃな映画ですが、企画・泉谷しげる、で納得。
人間の「衝動」なんて理屈じゃ説明できるわけがない。
屁理屈こねてばかりの自称フェミニストの頭を金属バットでかち割れぇ!!
当時の泉谷ならスターリン使ってこんな映画撮るのなんて、全然考えられる。
あと、若き日の室井滋、コント赤信号なんかが出てます。
上田馬之助の台詞噛み噛みだし、ぶつ切りだし(爆)
マッドマックス的な二人組も大好きなキャラです。
でも、やっぱりスターリン。
ビートルズなんか聞く位なら、ピストルズ聞け!!!
20051101121036.jpg

多分90%くらいの確率で男受けする映画でしょう。
北村龍平監督の「ALIVE]

あのね、俺ね、この映画大好きだわ。
今年見た邦画の中ではダントツ一位です。
なんせとにかくかっこいいんすよ。
映像が。絵面が。
主演の榊英雄もとにかくかっこいい。
心に闇を持つ寡黙な男を演じてるんだけど、これがまた最高なんすよ。
喋らなくても、絵になるっていうか。
特に眼。眼力。すごく眼に力がある。
なのにちょっと「バナナマン」の設楽統に似てる(笑)

作品全体に漂う閉鎖的な雰囲気とか、抑圧された世界観とかがとにかくかっこいいとしか言いようが無い。
ジャパニーズ・マトリックスみたいな感じかな。


ストーリー的にはあんまりよくわからない部分もあるんですが。
作品中に出てくる「異次物」の存在とか。
後半には「ゼロス」なんてバケモノまで出てくる始末で(笑)
でも、いいじゃない。映画なんだし。ありえないことが起きる方が面白いっしょ。

あと、気になったのがやっぱりCGの使い方。
ゼロスとのアクションシーンにCGをフルに使ってるんだけど、これが微妙。
実写版ドラゴンボールみたいな感じになっちゃって。
日本人であれだけのアクション出来るんだから、CG使わなくてもいいんじゃないかなって思った。
それか、もうちょっとCGの技術が進歩して、実写とCGの融合がうまくいってからとか。
まだCGに違和感ありまくり。

恋人役の小田エリカ。かわいいんだろうけど、たまに「あがりた亜紀」に見えてちょっとがっかり。


肝心のラスト。
俺、このラストシーンがめちゃめちゃかっこよくて大好き。
一言も台詞が無く、抽象的な映像が音楽に合わせて流れてくだけ。
それが今の俺にはかっこいい。
ほらDVDってチャプター機能ついてて、好きなシーンだけ何回も見られるじゃない?
このラストシーンだけ何回も繰り返し見たよ。
ほんとかっこよすぎ!!!!!!!!!!!!
こういう映像撮って貰えた榊英雄がほんとうらやましい。
こめかみに銃を当てて顔の上半分のアップになって終わるんだけど、そこ!!そこが一番かっこいい!!
今の俺には多分ああいう芝居できないだろうなぁ。

日々精進。


【評価】★★★★☆

【コメント】
見所はやっぱりラスト。
屋上に出てからのシーン。
これに尽きる。
話の内容とかよりも、映像、カット割がいちいちかっこいい。
でも男にしかわからん世界だ(笑)
ベンガルがシリアスな演技してても何故か笑える。

ALIVE.jpg

オリコンの「全然期待してなかったけど見てみたら意外に面白かった映画」ランキング、邦画の部一位が「あずみ」でした。
ま、それならと、ちょっと見てみたくなったのでレンタルしてみました。
あ、ちなみに洋画の一位は「スパイダーマン」でした。

あの、うん。普通(笑)
でも俺は全然楽しめたよ。
二時間半もあったから「どうかなぁ」なんて思ってたけど、全然気にならなかったし。
晩飯映画ですね。
悪い意味じゃなく。
晩飯食べながら気軽に見るくらいがちょうどいい、って映画です。

それにしても上戸彩の殺陣のお粗末さったらないですね。
へっぴり腰。あれじゃ人は斬れんよ。
あれでもかなり練習したんだろうけど。
やっぱり「人を斬る」っていう芝居で。
ほんとに斬るくらいの迫力はない。殺気っていうか。全然。
おだぎりじょーは仕事選べ。

あとね、CGの使い方が完全に失敗(笑)
余計ちゃっちぃ。中途半端なCGは却って逆効果なんだな。
使わんでいいでしょう。時代劇なんだから。

俺的に光ってたのは成宮寛貴と小橋賢児。
個人的に成宮君は好きなんすよ。
仲間には冷たく冷静なんだけど、じっちゃんには・・・。ね??
そういうとこうまく出てたよ。・・・と、俺は思うよ。

小橋の見せ場はおだぎりとの決闘のシーンでしょ。
じわりじわりおだぎりに痛めつけられていくんですが・・・。
俺はああいう痛めつけ方好きだ(ドSですから)
たまらない。俺に美女丸やらせりゃよかったんだよ、ほんと。

基本的に北村龍平はこういうちゃんばら撮るの得意分野なんだろうね。
もっと北村監督の映画見たいって思ったな。これ見て。

でも、B級ちゃんばら映画。

【評価】★★☆☆☆

【コメント】
一番の見所は最後の斬り合い。
上戸彩vs200人。
そこでの上戸彩の「きさまぁ!!」と言う台詞は、キルビルにおけるルーシーリューの「やっちまいなぁ!!」に匹敵するヘタレぶりだ。
あと、金子孝俊が男役(?)で出てますが、これは大爆笑です。
だって違和感丸出しだもの(笑)
無理して男っぽく振舞ってる姿に、☆マイナス。
でも、最終的には面白かった。
AZUMI.jpg


タランティーノ監督の作品ってこれが初めてなんですが。

あのね、見てて途中から置いて行かれた感じ(笑)
いきなりアニメ始まるし。
賛否両論真っ二つに分かれるのもわかるね。

栗山千明の役名が「ゴーゴー夕張」って何だ(笑)

なんだろね、これ。
よくわからん。

でも、脇役は豪華だった。
千葉真一でしょ、それにヒロさん世代にはなんとも懐かしい、大葉健二。
宇宙刑事ギャバンの大葉健二ですよ。
この二人の寿司屋での掛け合いがまた絶妙。笑った。
あと、カンフー映画マニアにはたまらないリューチャーフィー。
知ってます?リューチャーフィー。
「少林寺三十六房」っすよ。
俺大好きでDVD買ったもん少林寺三十六房(笑)

・・・・・そんなもんかな。
特に面白かったってわけでもない。
暇で暇でどうしようもない人は借りて見ればいいんじゃないかな。

【評 価】★★☆☆☆

【コメント】
これ、面白いか??
続編があるみたいだけど、特に見たいとも思わないな。
あと、栗山千明にふぉーりんらぶ。

20050928123704.jpg


レンタルDVDのいい所は返却の際巻き戻さなくていいって事だ。

というわけで、近所の小さなレンタル屋の会員になった。
今回借りたのは「香港国際警察」
そう、ヒロさんが愛してやまないジャッキーの最新作だ!!

やっぱいいわぁ。映画館で見たかったのよ、これ。
今回は珍しく(?)ストーリーがしっかりしてた。

でもね、やっぱカンフーアクションはめっきり減ってるのよ・・。
その分、走ってるバスに飛び乗ったりとか超高層ビルからロープ一本で飛び降りたりとか街中めちゃめちゃにしたりとか、そっちのアクションが多めになってる。
年齢的なもんだから仕方ないんだろうけど、やっぱりジャッキーマニアとしては、カースタントなんかよりカンフーアクションが見たいな。
カースタントだけだったら石原軍団でも出来るからね(笑)
あ、あれは高橋レーシングか。実際にはやってねぇよ。


あとはね、若手の起用が当たった感じがするね。
未来の香港アクションスターになりそうな連中がテロリスト役で出たり。

途中からジャッキーの相棒になる、ニコラス何とかってのがもうかっこいいのなんのって。
元々はミュージシャンらしいんだけど、その割は体張ってるし、アクションもそこそこ出来るし、一気に大ファンになっちまいました。


映画的には今までのポリスストーリーに「インファナル・アフェア」と「踊る大捜査線」を足して2で割って、ジャッキーテイストを加えたような感じ(わからん!)

うん、でもすごく面白かった。DVD買いたくなった。


【評 価】★★★★★ 

【コメント】
見所は前半。チャン警部がテロリストに完敗する所。
ラストシーンはとんでもない茶番。他のラストの方がよかった気も。
ジャッキーマニアにはオススメ。
やっぱし、刑事モノと言えばジャッキーだしね。
あと、ササ刑事にふぉーりんらぶ。
20050927123336.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。