ヒロブログ

役者ヒロさんのありふれた日常。しょっぱい試合でスイマセン!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ひさしぶりにホラー小説読みました。

ではいつものようにネタバレしない程度の簡単なあらすじを。。

まず「親指さがし」という儀式がありまして。
昔バラバラ殺人で殺された女性の死体のうち、左手の親指だけがどうしても見つからなかった。
その親指を探しに行くっていう、「こっくりさん」的な儀式なんですが。(詳しくは本を読んでくださいな)
主人公を含めた小学生5人組がその儀式をやったあと、その中の一人が突然行方不明になるんです。
そして、7年後。20歳の成人式を迎える主人公達が、消えた仲間の失踪の秘密を解き明かすため再び親指さがしを始める。
そこから、始まるお話。


基本的にこの作家はあんまり文章うまくないみたいで・・(汗)
特に人物描写とかが薄いから、主人公を始め各登場人物に感情移入しずらしね。
この辺をしっかりしてれば、もっと・・・・ねぇ??あんなことになるんだし・・。
これはネタバレになるんですが、「箕輪スズ」という、まぁ「リング」で言う所の「貞子」みたいなキャラが出てくるんですが、この人の描写をもっとどんな人物かしっかり書いてれば怖さも増したんじゃないかなって思う。

でも、文章が簡単な分、一気に読めますよ。
もったいぶり方がうまいから、先読みたくてしょうがなくなり、どんどん読めちゃいました。
二日もあれば読み終わるっしょ。

だから普段あんまり本を読まない人にはオススメなんじゃないかな??
逆に普段沢山本を読んでる人には、ちょっと物足りない感じがするかもね。
「親指さがし」っていう発想がよかっただけに。

小学生でも読める簡単な小説(笑)

ちなみに来年、三宅健主演で映画化されるそうです。
三宅健・・・V6の・・・鼻声の・・・・どうなるんでしょう??(笑)
あんまり見たくないかも。

【親指さがし / 山田悠介】幻冬社文庫
oyaubisagasi.jpg

スポンサーサイト

トラックバックありがとうございました。
確かにこの人の作品は息抜きにいいかも。
この間コミックス売り場に言ったら、ずいぶん漫画化もされていました。読みやすいのかもしれません。
私は腰すえて読むときは人間の内面がしっかり描かれている作品が好きです。

2005.11.01 09:37 URL | こっこ #2y8EjLqo [ 編集 ]

こっこさん初めまして!!

この作品は意外に人気ありますよね。
箕輪スズのサイトまで作られてますもん。

まぁ、こんな感じで独断と偏見で好き勝手語ってますが、よかったらまた遊びに来て下さい。

2005.11.01 12:28 URL | ヒロ。 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hiroblog2.blog24.fc2.com/tb.php/32-f7658f45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。