ヒロブログ

役者ヒロさんのありふれた日常。しょっぱい試合でスイマセン!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「毎年、セントス・・・・」(噛むな!!)

というわけで銀座見に芝居まで行ってきやした(逆ですよ逆)

芝居小屋には散々付き合いで(コラコラ)行ってましたが、自分から観たくなって芝居観に行くのってほんと久しぶりで。
しかも、ヒロさん的には今日本で一番面白いと評判のG2プロデュース。
ダブリンの鐘つきカビ人間」を観劇。

実は前回やったこの芝居も見てはいるんですが。

やっぱデカイ劇場いいわぁ~~!!!
うらやましきですよ。

芝居も面白かったしね。
後藤ひろひとのあのすっとぼけた芝居がめちゃめちゃ好き。
絶妙の「間」なんだよね。
あとは池田成志。
かっこいい。最後噛んだけど。
しかも、笑える。最後噛んだけど。
今回はね、主役級のキャストよりも、脇で支えたキャストがしっかりしてた。
だからちゃんと芝居として成立したんだと思う。

だって、おサエちゃん役の中越典子。
弱いんすよ、全体的に芝居が。
俺は客席の一番後ろから観てたんだけど、声も小さくて、か細いから最後の一番泣かせる、感動させるシーンで曲に負けちゃうんですよ。
曲入れて誤魔化すみたいなね。キャラメルボックスがいつも使う手なんだけど。
やっぱりね、役者だったら芝居で見せたいじゃん。泣かせたいじゃん。
曲の力で誤魔化したくないじゃん。そこが残念だった。
前回はおサエちゃんを水野真紀やってたんだけど、俺は泣きました。そのシーンで。

カビ人間は今回ラーメンズ・片桐で、前回は大倉孝二だったのね。
これも大倉孝二に軍配でした。全体的なイメージとかも。

土屋アンナは全然目立たってなかった。。。

舞台役者と映像専門にやってる役者の違いを見せ付けられた芝居でしたね。

やっぱりね、「声が届く」ってのは基本中の基本ですよ。
声が届かなかったら、絶対観客の心を動かすことなんて出来ませんからね。
声が小さい役者なんて、舞台立っちゃダメです。
プロ・アマ問わず。

俺も舞台やりてぇな・・・。
daburin.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。