ヒロブログ

役者ヒロさんのありふれた日常。しょっぱい試合でスイマセン!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みんなが中学、高校の時の理科の先生って変わってるヤツ多くなかった?
変わってるっていうか、クレイジーなやつ。


俺は高校の時の理科の先生が一番クレイジーだった。

ある日の授業、いきなり猫を抱えて教室に入ってきてね。
その猫ってのが、うちの学校で事務やってるイクミちゃんが毎日餌あげてる野良猫の又三郎ってんだけど。
よく学校の中に入ってきたりしてた猫なのね。
起立・礼・着席の儀式をいつも通りすませたあと、その先生いきなり

「あのねぇ、猫って3階から落としても死なないんですよね」
って言い出したの。


「ネコヲサンガイカラオトス????」


みんな一瞬頭の上に「?」マークが浮かんだに違いない。
確かにここは3階だが、まさか。
その次の言葉は容易に予想出来た。

「じゃ、今からこの猫を実際に落としてみます」

これにはみんな一斉に大反論(笑)
今思い出しても笑えるわ。こんなに一致団結したクラスってドラマ以外で初めて見た。
ざわつく教室。

「じゃ、ベランダに出ろぉ~~」
なんとも調子の抜けた声で全員を促す。
妙な威圧感とちょっぴりの期待感と好奇心から、全員しぶしぶベランダへ。

が、ウチのクラス40何人もいたから全員ベランダには出られず、残りは窓越しの観戦。
おいらはちゃっかりベランダキープ(笑)

「みんな出たかぁ?んじゃ、いくぞぉ~~~」

・・・・・・ってそいつほんとに落としやがった。
鳩を大空に返すがごとく、ちょっと上に軽く放り投げて。


で、結果。猫の又三郎どうなったと思う????

2階のあたりでクルっと身を翻して、一回転したのかな。
見事そのまま無事着地。


着地した又三郎は身の危険を感じたのか、全力疾走で走り出した。
庭の植木にぶつかり、壁にぶつかりながら、山の方へと消えていった。

「ほらね」

と、得意げな顔をする先生を俺たちは、心の底から怖いと思った。


その後、又三郎が二度と学校に現れることがなかったのは言うまでもない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。