ヒロブログ

役者ヒロさんのありふれた日常。しょっぱい試合でスイマセン!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ひさしぶりにホラー小説読みました。

ではいつものようにネタバレしない程度の簡単なあらすじを。。

まず「親指さがし」という儀式がありまして。
昔バラバラ殺人で殺された女性の死体のうち、左手の親指だけがどうしても見つからなかった。
その親指を探しに行くっていう、「こっくりさん」的な儀式なんですが。(詳しくは本を読んでくださいな)
主人公を含めた小学生5人組がその儀式をやったあと、その中の一人が突然行方不明になるんです。
そして、7年後。20歳の成人式を迎える主人公達が、消えた仲間の失踪の秘密を解き明かすため再び親指さがしを始める。
そこから、始まるお話。


基本的にこの作家はあんまり文章うまくないみたいで・・(汗)
特に人物描写とかが薄いから、主人公を始め各登場人物に感情移入しずらしね。
この辺をしっかりしてれば、もっと・・・・ねぇ??あんなことになるんだし・・。
これはネタバレになるんですが、「箕輪スズ」という、まぁ「リング」で言う所の「貞子」みたいなキャラが出てくるんですが、この人の描写をもっとどんな人物かしっかり書いてれば怖さも増したんじゃないかなって思う。

でも、文章が簡単な分、一気に読めますよ。
もったいぶり方がうまいから、先読みたくてしょうがなくなり、どんどん読めちゃいました。
二日もあれば読み終わるっしょ。

だから普段あんまり本を読まない人にはオススメなんじゃないかな??
逆に普段沢山本を読んでる人には、ちょっと物足りない感じがするかもね。
「親指さがし」っていう発想がよかっただけに。

小学生でも読める簡単な小説(笑)

ちなみに来年、三宅健主演で映画化されるそうです。
三宅健・・・V6の・・・鼻声の・・・・どうなるんでしょう??(笑)
あんまり見たくないかも。

【親指さがし / 山田悠介】幻冬社文庫
oyaubisagasi.jpg

スポンサーサイト
丘を超~えっ、行こうよぉ~口笛吹きつ~~~つ~~♪

あぁ、ピクニック行きたいっすねぇ。
近場でもいいから。
せっかくいい季節なのに、仕事場にこもりっきりはもったいない。
おにぎり持って。おやつは500円以内で。バナナはおやつには入れないで。
水筒には凍らせたポカリスウェット。

レンタカーでも借りてさ。
・・って、俺車苦手だけど(苦笑)
気持ち悪くなっちゃうのよ、この歳になっても相変わらず。

なんかさ、車って独特の臭いあるじゃない?
持ち主によってまたそれが変わるでしょ?
もうだめ。。。気持ち悪男ですよ。
ま、運転もできねぇし。文句は言えないんだが。

そんなリスクをおかしてでも行きたいっす。
早くしないと紅葉の季節終わっちゃうよぉ。

ぴっくにっく!!あいうぉんとごぅとぅぴっくにっく!!

・・・・・うぃずゆぅ(はぁと)
やったね!!プロ野球日本シリーズ、4連勝で・・・・

ロッテ日本一!!!!!!!!!!!!

やぁ、もう昨日は泣いたね。
強かった。ロッテ強かったよ。
まさに下から這い上がってくるものの強さですよ、あれは。

阪神も決して弱くはないんですよ。
なんせセリーグを制覇してるわけですから。
それだけでも大したもんです。
だから阪神ファンは負けたからと言って会社さぼったりせずに、胸張ってればいいんです。

にしても、ロッテはチームワークよかった。
ピッチャーがピンチになると、西岡なり今江がマウンドまで行ってピッチャー励ましてたっしょ?
あれ大事。
高校野球じゃよく見られる光景だけど、プロになるとやらなくなるんだよね。
あぁいうところが、金で4番バッターばかり集める関東の某チームとは大違いなんだな。
ほんとに生え抜きの選手だけだったもんね、ロッテは。
FAで入った選手いないもんね。

それにしても、めでてぇ!!めでてぇや!!

一夜明けてもちょっと興奮覚めやらぬヒロさんだすた。


多分90%くらいの確率で男受けする映画でしょう。
北村龍平監督の「ALIVE]

あのね、俺ね、この映画大好きだわ。
今年見た邦画の中ではダントツ一位です。
なんせとにかくかっこいいんすよ。
映像が。絵面が。
主演の榊英雄もとにかくかっこいい。
心に闇を持つ寡黙な男を演じてるんだけど、これがまた最高なんすよ。
喋らなくても、絵になるっていうか。
特に眼。眼力。すごく眼に力がある。
なのにちょっと「バナナマン」の設楽統に似てる(笑)

作品全体に漂う閉鎖的な雰囲気とか、抑圧された世界観とかがとにかくかっこいいとしか言いようが無い。
ジャパニーズ・マトリックスみたいな感じかな。


ストーリー的にはあんまりよくわからない部分もあるんですが。
作品中に出てくる「異次物」の存在とか。
後半には「ゼロス」なんてバケモノまで出てくる始末で(笑)
でも、いいじゃない。映画なんだし。ありえないことが起きる方が面白いっしょ。

あと、気になったのがやっぱりCGの使い方。
ゼロスとのアクションシーンにCGをフルに使ってるんだけど、これが微妙。
実写版ドラゴンボールみたいな感じになっちゃって。
日本人であれだけのアクション出来るんだから、CG使わなくてもいいんじゃないかなって思った。
それか、もうちょっとCGの技術が進歩して、実写とCGの融合がうまくいってからとか。
まだCGに違和感ありまくり。

恋人役の小田エリカ。かわいいんだろうけど、たまに「あがりた亜紀」に見えてちょっとがっかり。


肝心のラスト。
俺、このラストシーンがめちゃめちゃかっこよくて大好き。
一言も台詞が無く、抽象的な映像が音楽に合わせて流れてくだけ。
それが今の俺にはかっこいい。
ほらDVDってチャプター機能ついてて、好きなシーンだけ何回も見られるじゃない?
このラストシーンだけ何回も繰り返し見たよ。
ほんとかっこよすぎ!!!!!!!!!!!!
こういう映像撮って貰えた榊英雄がほんとうらやましい。
こめかみに銃を当てて顔の上半分のアップになって終わるんだけど、そこ!!そこが一番かっこいい!!
今の俺には多分ああいう芝居できないだろうなぁ。

日々精進。


【評価】★★★★☆

【コメント】
見所はやっぱりラスト。
屋上に出てからのシーン。
これに尽きる。
話の内容とかよりも、映像、カット割がいちいちかっこいい。
でも男にしかわからん世界だ(笑)
ベンガルがシリアスな演技してても何故か笑える。

ALIVE.jpg

オリコンの「全然期待してなかったけど見てみたら意外に面白かった映画」ランキング、邦画の部一位が「あずみ」でした。
ま、それならと、ちょっと見てみたくなったのでレンタルしてみました。
あ、ちなみに洋画の一位は「スパイダーマン」でした。

あの、うん。普通(笑)
でも俺は全然楽しめたよ。
二時間半もあったから「どうかなぁ」なんて思ってたけど、全然気にならなかったし。
晩飯映画ですね。
悪い意味じゃなく。
晩飯食べながら気軽に見るくらいがちょうどいい、って映画です。

それにしても上戸彩の殺陣のお粗末さったらないですね。
へっぴり腰。あれじゃ人は斬れんよ。
あれでもかなり練習したんだろうけど。
やっぱり「人を斬る」っていう芝居で。
ほんとに斬るくらいの迫力はない。殺気っていうか。全然。
おだぎりじょーは仕事選べ。

あとね、CGの使い方が完全に失敗(笑)
余計ちゃっちぃ。中途半端なCGは却って逆効果なんだな。
使わんでいいでしょう。時代劇なんだから。

俺的に光ってたのは成宮寛貴と小橋賢児。
個人的に成宮君は好きなんすよ。
仲間には冷たく冷静なんだけど、じっちゃんには・・・。ね??
そういうとこうまく出てたよ。・・・と、俺は思うよ。

小橋の見せ場はおだぎりとの決闘のシーンでしょ。
じわりじわりおだぎりに痛めつけられていくんですが・・・。
俺はああいう痛めつけ方好きだ(ドSですから)
たまらない。俺に美女丸やらせりゃよかったんだよ、ほんと。

基本的に北村龍平はこういうちゃんばら撮るの得意分野なんだろうね。
もっと北村監督の映画見たいって思ったな。これ見て。

でも、B級ちゃんばら映画。

【評価】★★☆☆☆

【コメント】
一番の見所は最後の斬り合い。
上戸彩vs200人。
そこでの上戸彩の「きさまぁ!!」と言う台詞は、キルビルにおけるルーシーリューの「やっちまいなぁ!!」に匹敵するヘタレぶりだ。
あと、金子孝俊が男役(?)で出てますが、これは大爆笑です。
だって違和感丸出しだもの(笑)
無理して男っぽく振舞ってる姿に、☆マイナス。
でも、最終的には面白かった。
AZUMI.jpg

相変わらず、タイトルからはどんな芝居か想像できないね(笑)

「ガマ王子VSザリガニ魔人」

でも、最後まで見るとちゃんとわかるんだよね、これが。
そこがこの芝居の脚本を書いた後藤ひろひとのすげぇところさ。
しかも、こんなタイトルなのに、すげぇ泣けるのよ。そして、すげぇ笑えるのよ。

あのね、これは俺の中でなんだけどね、あくまで。
今、日本の舞台の脚本家で一番面白いのは後藤ひろひとだと思う。
独特の世界観みたいなのあるし。
なんなんだ「水すまし君」って(爆)

今、小劇場じゃコピーバンドならぬ「コピー劇団」多いんすよ。
特にキャラメルボックス系。うんざりしますわ。
最初(前説)から最後(しつこいカーテンコール。一回でいいです、一回で)まで、芝居の内容も怒鳴り方も。芝居の最後はおっかけっこで。
何から何まで全部マネしてんじゃねぇよ、って。
ま、そんなことはどうでもいい。

この芝居、すごく簡単に言うと、老人と少女のお話(簡単過ぎます)
その老人「オーヌキ」役の木場勝巳がすごいんですよ。
もう言葉じゃ語れないくらいに。
ただ単に「うまい」とかそんなレベルじゃないんです。
役作りから何から何まできちんとしてるの。
ま、お金取って芝居見せてるんだから、当たり前のことなんだけど。
俺も見習おうって思った。
あの歳になっても、あれだけお客さんを笑わせて、泣かせて、そんな芝居出来るなんて素敵!!素敵すぎ!!

あぁ・・・・・劇場で直接見たかったな・・・。
実はDVDを友達から借りて見たんです。
この芝居が上演されたのは去年の8月。
一番辛かった時だ。俺の人生の中で一、二を争うくらい辛かった時だ。

あ、あとね、金八フリークにはたまらないキャスティングっすよ。
木場勝巳とパコ役の加藤みづき。校長と生徒じゃん!!!

長谷川京子はキャラに合ってなかった。
あと、本番中にもかかわらずラーメンズの片桐とのからみで素で笑ってしまい、笑い堪えながら台詞言ってた(汗)
それはいかんだろ、それは。


この芝居はね、「許す」という大きな心を持つことの大切さを伝えたいんじゃないかな。
人を許すのって難しいよ。
今までずっと自分を酷い目に合わせてきた人が、ある出来事をきっかけに改心して心を入れ替えたって時。
今までのことを全部水に流して、素直に許してあげられるかな??
俺は、多分無理。
そこまで心広くないもん。
でも、きっとそういう心の大きさを持つのって人として大切なんだろね。
てか、持てる人になりたいな。


大笑いと感動の涙と両方味わえる芝居。

あぁ、こんな芝居やりてぇ!!!
人は死ぬ直前に何を思うんだろう。

例えば自分が末期の癌になって余命半年の宣告を受け、医者からも見離されたとしたら。
その残りの半年をどうやって過ごすだろう。


このお話をネタバレしない程度に簡単に言うと・・・。
主人公が働いている病院には一つの噂がある。
「もうすぐ死んでしまう患者の前に、願い事を一つだけ叶えてくれる人が現れる」
その噂をひょんな事から主人公が請け負うようになるのね。
そうやってもう時期死を迎える患者さんたちの願い事を叶えていく、って話。
設定と主人公が同じのままの4話オムニバスです。


これは意外に深いよ。
「死」ってのは人間に平等に訪れるものじゃない?
みんなもいつか死んじゃうわけですよ。もちろん俺もね。
普通の人にはそれは突然やってくるのに、一部の人達には「余命」って言葉でやってくる。
もってあと半年。とか、一年とか。
あと半年で自分が死んでしまうってわかったら、俺は多分荒れるだろうな(笑)
怖いじゃん。少なくともあと半年で自分が死んでしまうのをわかったまま生きるのって。
でも、この話の登場人物はそれぞれにちゃんと死を受け入れて生きてる。
うん・・・・なんていうんだろう・・・・うまい言葉が見つからないや。
とりあえず興味のある人は読んでみて(苦笑)

俺は何をお願いしようかな。
死ぬ前に一つだけ叶う願い・・。
みんななら何を願う??
もちろん、叶えてくれる人は生身の人間だから、「死にたくない」とかそういうのはダメね。
って、俺お風呂に入りながらずっと考えてたんだけど、全然ダメ。
欲が深いのかなぁ??(笑)一つに絞りきれなかったよ。


俺は死ぬ直前に何を思うんだろう。
最後に誰に会いたいと願うんだろう。

・・・誰に居て欲しいんだろう。。

そんなことを考えさせられた一冊。

【MOMENT / 本多孝好】集英社文庫

MOMENT.jpg

みんなが中学、高校の時の理科の先生って変わってるヤツ多くなかった?
変わってるっていうか、クレイジーなやつ。


俺は高校の時の理科の先生が一番クレイジーだった。

ある日の授業、いきなり猫を抱えて教室に入ってきてね。
その猫ってのが、うちの学校で事務やってるイクミちゃんが毎日餌あげてる野良猫の又三郎ってんだけど。
よく学校の中に入ってきたりしてた猫なのね。
起立・礼・着席の儀式をいつも通りすませたあと、その先生いきなり

「あのねぇ、猫って3階から落としても死なないんですよね」
って言い出したの。


「ネコヲサンガイカラオトス????」


みんな一瞬頭の上に「?」マークが浮かんだに違いない。
確かにここは3階だが、まさか。
その次の言葉は容易に予想出来た。

「じゃ、今からこの猫を実際に落としてみます」

これにはみんな一斉に大反論(笑)
今思い出しても笑えるわ。こんなに一致団結したクラスってドラマ以外で初めて見た。
ざわつく教室。

「じゃ、ベランダに出ろぉ~~」
なんとも調子の抜けた声で全員を促す。
妙な威圧感とちょっぴりの期待感と好奇心から、全員しぶしぶベランダへ。

が、ウチのクラス40何人もいたから全員ベランダには出られず、残りは窓越しの観戦。
おいらはちゃっかりベランダキープ(笑)

「みんな出たかぁ?んじゃ、いくぞぉ~~~」

・・・・・・ってそいつほんとに落としやがった。
鳩を大空に返すがごとく、ちょっと上に軽く放り投げて。


で、結果。猫の又三郎どうなったと思う????

2階のあたりでクルっと身を翻して、一回転したのかな。
見事そのまま無事着地。


着地した又三郎は身の危険を感じたのか、全力疾走で走り出した。
庭の植木にぶつかり、壁にぶつかりながら、山の方へと消えていった。

「ほらね」

と、得意げな顔をする先生を俺たちは、心の底から怖いと思った。


その後、又三郎が二度と学校に現れることがなかったのは言うまでもない。
もはや電車の中で化粧をする女性がいるのは当たり前の世の中になっちまったのだが。

朝、軽く混雑する車内で、立ったまま化粧を始めた女子高生がいた。
ちょうど俺のまん前にいたから、せっかくだし、「ケバケバ女子高生の出来るまで」その一部始終をカメラは追った(マネーの虎風)。

まぁでも器用にやるわ。揺れる車内で。
それにしても10代のうちからあんなに塗るもんかね。
何種類塗ってんだよって感じですわ(笑)
そりゃぁね、10代のうちからこれだけ塗ってれば40、50代であぁもなるわな。
あのマツ毛挟むやつ何???何で金属製??痛い痛い、見てるこっちが痛いわ。
もういいだろ。もう十分ケバイって。

・・・なんてツッコミながら早30分が経過。

鏡見ながらやってたから、その子的には多分OKだったんだろうが・・・。
俺から見たら「マグマ大使」ですわ、マグマ大使。

ちょっと背筋が寒くなった朝の出来事。

社会科見学終了。
mgm002.gif

昨日、新宿駅でX-GUNの西尾(太ってる方)に会いました。


あ、いや、そんなことより。

千葉ロッテ、パ・リーグ制覇おめでとう!!!!!
31年ぶりだってさ。
俺が生まれてから一度も優勝したこと無いんだ(笑)

いつもはねプロ野球なんて全然興味ないんですが。。。
今年はちょっと違うんすよ。
巨人がボロクソに弱く、ロッテが強い!!
今年に限ってはプロ野球面白い。
っていうか、一度も試合見た事ないけど(笑)

いやぁ、うれしい。
千葉ロッテ優勝飲み会やりたい位だ。

万年最下位のチームの快進撃なんて滅多に見られるもんじゃない。

ほんとはもうパ・リーグ制覇した時点で、俺の心の中ではスタンディングオベーションものなんですが、ここまできたら是非日本一になって貰いたいですね。


全然関係ないけど、西尾デカかった。
1129557390.jpg

すごかったね。関東地方を襲った昨日の地震。
さいたま市南区が一番揺れたらしいよ。
・・・・・俺の住んでる。

昨日仕事から帰ったら結構荒れてた。家の中。
コンタクトレンズ入れてたソフトケースとか、毎日俺の帰りを待ってくれてるリラックマの三宅さん(勝手につけた)とか。
散乱してた。よかったぁ、ちょうど仕事で。
家の中にいたらかなり揺れが激しかっただろうに。


それにしても最近災いが俺を狙ってくる。
しかもピンポイントで。

まず祖母の他界。
その時にちょうど実家のある宮城を襲った大型地震。
杉並区の善福寺川の決壊。
ちょうど職場が善福寺川のそばで、ま、2階だったから被害は無かったんだけど、周りはかなりひどかったらしい。
そして昨日の地震・・・。
俺の行く先々で不幸のオンパレードだ。


悲しくなるわ。


みんな俺に近づかない方がいいぞ。巻き込まれる。
なんかほんとに怖くなってきた。

しゃれにならんよ。
あぁ、そうさ今日も仕事さ。
今週休みなしさ。

あのですね・・・・・。

申し訳!!(一瞬ジャンプして土下座)

なんかね、コメント書けなくなってたみたいで。
俺のとこだけじゃなくて、他のここのサイトの利用者もそうだったらしいんす。

デザイン変更したら直るという情報を聞き、早速変更しときました。

今度は大丈夫っしょ。
俺も今テストしてみたら、コメント残せたから。

さぁ、おいらと熱く語り合おうぜ!!(嫌です)

さ、仕事仕事。
無性に味噌汁飲みたくなるときってない?
ここ一週間位ずっと味噌汁飲みたくてさぁ。


インスタントのじゃなくて、ちゃんと作ったやつ。
そう・・・・豚汁とか最高。
具が大きめでコロコロしてて・・。
ホクホクのじゃがいもを口の中でハフハフさせて。
しゃきしゃきの牛蒡と豆腐もいいねぇ。
主役はやっぱ豚肉だよな。
豚汁には脂身付きのまま入れるが好き。
肉ととろとろになった脂身の境界線(?)の部分が最高にうまい。
寒いときに飲むと、汁が体の中を通っていくのがわかるんだよね。
くぅ~~~たまんないねぇ。



でも、一人暮らしだと中々飲めないんだよね。
しかも、我が家は電気コンロだし。
ガスコンロだったら自分で作るんだけど。
作ってくれる彼女もいないしさ。


なんかそういう定食屋ないかなぁ??
誰か知らない??
豚汁のうまい店。


誰か連れてってくださぁ~~~い!!(せかちゅう風に。そして平井堅歌い出す)
今朝の出来事。
駅の構内であぐらをかいて座り込む女子高生がいた。
まぁ、そこまでならよく見る光景だ。
右手には携帯、これも定番。
しかし、左手には火のついたタバコがもくもくと煙を上げていた。
そう、制服姿のままタバコを吸ってる女子高生に遭遇。


・・・・なんかぞっとしたね。
怖いわ。


俺が高校生の頃もタバコ吸ってるやつはほとんどだったけど(笑)
ここまで堂々とはやってなかったもん。
少なくとも制服の時はやってなかったね。
どこの学校かバレるからさ。
いまどきの娘はすげぇな。


・・・あぁ、いや。ぞっとして怖くなったってのはそういうことじゃなく。

「もし俺の娘があぁなったら・・」って考えたら、ね。


これは俺の持論なんだけど。

もしこれから先、運良く運命の人と出逢い結婚し、子供が生まれたら俺は田舎に帰ろうと思う。
子育ては田舎でしたい。
それぞれの季節の中で、海や、山や、川に囲まれて大自然の中で伸び伸びとさ。
毎日クタクタになるまで走りまわって・・・。
俺がそうだったように。
「わんぱくでもいい。たくましく育って欲しい」みたいなさ(笑)


都内じゃ、子供はまっすぐ育たんだろ。
いや、絶対ってわけじゃないけど。
必要なものはすぐ手に入る、必要でないものもすぐ手に入る、そんな中で善悪の区別も曖昧な子供には・・・ね。


これは当然俺の偏見だよ。うん。自分でも分かってる。
でも、俺はそう決めた。



・・・・・・結婚出来たらの話だけど(涙)
まずは嫁探し・・・の前に俺がソノ気になることか(笑)


ふざけんな!ごるぁぁぁぁぁ!!!
何でシェフチェンコ出さねぇんだよ!!!
どんだけ俺が楽しみにしてたと思っとんのじゃぁぁぁ!!!

と、言うわけで昨日のサッカー「日本×ウクライナ」戦。

まったく煮え切らない試合でしたね。
中田浩二の退場と最後のPKの判定を不服に思ってるのは俺だけじゃあるまい。
あの審判おかしいよ。あのジャッジはないって。
それに、点が入りそうな気配が全くなかった。日本に。
そのかわり中田英の気迫と執念は素晴らしいものがあった。天晴れじゃ。


まず点を取らなきゃ始まらない。
でも、シュート打つところまでいかせてもらえてないからね。
そりゃ点は入らんよ。

相手の守備がうまいのか、日本の攻撃がしょぼいのか。


やっぱりストライカーだね。
日本に足りないのは。
ファン・バステンとかマラドーナクラスの選手がFWに一人いれば全然違うと思うし。
柳沢も高原も玉田も鈴木もぱっとしないもんなぁ・・・。
ゴール前でやつらにボールが渡っても、点入りそうにないもん(苦笑)
なんかものすごい威圧感を持つストライカーに出てきて欲しいね、これからの日本に。



・・・・しょうがねぇな、俺の出番か(ジャージを脱ぎながら)
ジーコ、いつでもいいぞ(無理です)
自動販売機に暖かい缶コーヒーが出るようになると、一気に「もう冬なんだなぁ」と実感させられますよね。

長く苦しい夏が終わってようやく過ごしやすい季節がくるんだな。


上京してから特に冬が好き。

と言っても、北国生まれヒップホップ育ちのおいらには東京の冬は暖かすぎるけど。


話は戻るけど、なんだねぇ。

自販機が冬モードに入ると何故か、どこのメーカーの自販機もコーンポタージュとおしるこ入ってない??(笑)
不思議とコーンポタージュ飲みたくなるときもあるしね。
ものすごく寒い日とかさ。

なんだろ。
何の因果関係なんだろ。


それはやっぱり、夏になるとTUBEが出てくるのと同じ原理なのかね。
だってさTUBEの新曲が出ると、「あぁ、夏が来た」って感じするじゃん??(笑)
それと同じだよ、きっと。


結論。コーンポタージュ=TUBE。

自分の体の事なれど、この歳になって気づいてしまうことってあるよね。


あのね、どうやらおいら「胃下垂」みたいなんす。

食事の前と後では、
「河童かよっ!!(笑)カッパかよっ!!」
ってくらいに、変化が・・・。

ベルトって怖いね。
まだベルトしてれば平気。

あと何年か後にはそのサイズが標準になってるかも、と思うと風呂場で手首切りたくなる思いです。

あぁ・・あぁ・・・歳は取りたくないねぇ。

そういやまたまた実家の両親が「結婚しねぇのか?」と言い始めた。
まったくもって大きなお世話サマーなんですが。
「自分・・・胃下垂ですから・・・」と高倉健風に誤魔化してみたら諦めてもらえるだろうか。


・・・あ、結婚と胃下垂は全然関係ないじゃん。

いや、あるって。多分。
結局今日も出勤。
すっかり体が慣れてきてます(笑)


つーか。今日サッカーあるじゃん。
『日本×ラトビア』
松井大輔急遽出場らしいじゃん。
観られないんすよ。観てぇよ。ラトビアってどこの国だよ。


まぁ、ラトビアなんてそんなのはどうでもいい。


俺の楽しみは12日のウクライナ戦だ。
シェフチェンコだ。

是非。シェフチェンコのゴールが観たい。

ウクライナ戦は夜11時位のキックオフだから余裕で間に合うんだなぁ。
でも、試合終了まで起きてられるかな。。。。
最近11時過ぎたら寝てます(笑)
10時に帰ってきて11時に寝てます。

疲れすぎだよ。温泉行きたい。

はっぴばぁ~~すでぇ~~とぅ~みぃ~♪

はっぴばぁすでぇ~とぅ~~みぃ~~♪

はっぴばぁすでぇ~~~でぃあ~~

あ~~~~
あ~~~~
あ~~~~

ヒロさぁ~~ん♪

はっぴばぁすでぇ~~とぅ~~~~

ぅ~~~~
ぅ~~~~

みぃ~~~~~~~♪


あははっはは!!歳取っちゃったよ!!!
飲みに行きてぇよ。こんな日くらいさ。

みんな帰っちゃって誰もいない仕事場で一人過ごす誕生日って、世界一悲しいのぉ・・・。


あぁ、神様。こんな哀れなヒロさんに、プレゼントを下さい。

えぇ~~~とねぇ、「喜び組」が欲しい~~。

・・・・・・・・
・・・・・・・・
ふぅ・・・・。

なぁんて、無理矢理テンション上げてみました。。。

あぁあ・・・今日は何時に帰れるのかな・・・。


みんなにちょいとお願い。
あのね、今友達が自主制作映画を撮ってて、編集作業をしてくれる人がいないんだって。
もし、このブログ読んでる人で映像編集の出来る人、もしくはできる人を紹介してくれる人がいましたらご連絡下さい。
自主制作映画なので、ギャラは出せないそうですが、それでもやってくれる人いませんか??

だいぶ困ってるみたいなので。

ちなみにこの映画、もうクランクアップしていて、撮影した栗林監督曰く「ヒロさんこれは最高傑作だよ」だそうです。
あ、ちなみに今回はヒロさんは出演してません(笑)


このブログを偶然見つけた人でも構いません。
やってくれる方は栗林監督まで直接ご連絡して下さい。


oct-3.dawkman@ezweb.ne.jp
遊映製作部・栗林まで
(※メールアドレスの掲載については、きちんと本人の了承を得ております)

いやぁ~、昨日の「ガキの使い」おもろかったわぁ。
そのためにわざわざ8時で残業切り上げたくらいだもの(笑)
久しぶりに大笑いしたね。


あの、なんでんかんでんの川原社長おもろすぎるわぁ(笑)
いるだけでおもろいもん。
らーめん屋にしとくのはもったいない。


あぁ・・・・なんでんかんでんの話してたら、らーめん食いたくなってきた。
うまいのかな。なんでんかんでん。

一回行ってみよっかなっと。

あ、今日も残業中です(泣)
仕事戻ります。。。。

毎朝同じ電車の同じ時間の同じ車両に乗って通勤してるんですが。
こうなってくると、同じ様に毎朝同じ電車で乗り合わせる人って出てくるじゃないですか?


俺が毎朝乗り合わせる人で、いっつも韓国語の勉強してる50歳くらいの男の人がいるんですよ。
おいらはその人に「ハングルさん」って名前をつけてあげました。

ほんとに熱心に勉強してんのよ、これが。
ヘッドフォンしてるときは多分ヒアリングとかやってんだろうし。
すごいよね。50歳くらいになっても外国の言葉覚えようとしてるなんてさ。


でも、ちょいと気になるのが、ハングルさん「冬ソナで覚える韓国語」読んでるんだよね。
奥さんがハマってんのかね。

でね、いつもはアンダーラインなんて引いてるの一回も見た事ないのに、今日初めて蛍光ペンでアンダーライン引いてるの見つけちゃってさ。
気になるジャン??(笑)そりゃね。


いけないと思いつつも、横からちらりとのぞいてみたら。

「愛してる」
とか
「君を離さない」
的な文章にアンダーラインがぁ・・・・。



もぅ・・・ハングルさんったら(はぁと)
目指せ!!ホームラン王!!!

とうとう俺の携帯でもバーコードが読めるようになった。

でも、一度も成功したためしがない・・・(汗)

なぜ?!why?!なんでだろう~♪

何回も試したの。マニュアルも読んだの。でも、全然成功できないの。
なぜなんだぁぁぁ~~~~!!!!
もうね、なぜの嵐(BY南野陽子)ですよ。

バーコードに向かって携帯のカメラ構えてる自分の姿を想像しただけで泣けてくるわ。

誰かやりかた教えてください。

あれ?土曜なのに更新されてる・・。
と、言う事は。。。


きゅーじつしゅっきん、ふぉ~~~っ!!(レイザーラモンHG風に)


暫くは日曜休みオンリー。
三連休も無し。

しかもこんな時に限って風邪ひいたりするんだよね、俺(苦笑)
ほんとにさ、余計なタイミングで不幸が襲ってくる星の元にでも生まれたのかね。
細木数子にでも占ってもらおうかな(爆)


飲みたい。酒飲みにいきたい。
やりたいことが山ほどある。

そんな事を考えながら仕事に励むヒロさんの頭の中で、細川たかしの「望郷じょんがら」がエンドレスで流れていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。