ヒロブログ

役者ヒロさんのありふれた日常。しょっぱい試合でスイマセン!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
もう何ヶ月も前から観たくて観たくてたまらなかった映画「SAW」
ついにレンタルできたぁ~。

前回似たような映画「CUBE」を見て失敗したので、あまり期待をしないで観ました(笑)
・・・・・だがしかし!!
面白い!!ほどほどの辻褄の合わなさといい、謎が解決しないところといい、ほんとに面白い。
これ見たら「SAW2」絶対観たくなるよ。

なんて表現したらいいか解らないけど、少なくともCUBEよりは何倍も面白いと思うな。
あまり有名じゃない役者ばかり出てて。
あ、そだジャッキーの「ラッシュアワー」に出てた悪役の人が刑事役で出てた(笑)


感想については結構言いたい事があるんだけど、殆どネタバレになるので言わないでおきます(笑)
もし観た人がいたら、おいらと飲みに行きましょ。


【評価】★★★★☆

【コメント】
この映画の謎の部分は考えれば考えるほど解らなくなります。
だけどそれくらいがちょうどいいのだとおいらは思います。
密室に閉じ込められた二人が段々狂っていく様は必見(特に医者役の人に注目じゃ)
俺もこういうの映画出てみたいかも。。。
アダム役あたりで・・・・。
saw.jpg

スポンサーサイト
これが元祖ですよ。そして本物です。
今まで色々リメイクされてきてますが、トオルとヒロシは仲村トオルと清水宏次朗、この二人しか認めません。
ましてや、窪塚の弟がヒロシをやるなどもってのほか!!!(怒)
身の程をわきまえんかい!!!

俺の中学時代を象徴する映画。
しかも、俺的にはシリーズ最高傑作の「高校与太郎哀歌」
86年公開の映画ってことはもう20年前ですか・・・・。
これだけ楽しめる映画も最近無いんじゃないですかね?
何の予備知識もいらなくて、肩の力抜きっぱなしで笑って見てられる映画って。


この映画に「テル」ってのが出てくるんですけど、それがいい味出してるんですよ。
悪役キャラなんですが、ハスキーボイスでね、歩き方とか表情とかほんとにイイ!!


それにしてもビーバップ軍団って今何やってんだろうね。
俺ね、ノブオやってる人すんげぇ~好きなんですよ(笑)
いいキャラだと思いませんか???
舌ッ足らずな話し方といい、啖呵の切り方といい、最高に笑える。
でもこの映画くらいでしょ、出てんの。
もう役者やってないんだろうなぁ。もったいない。
金太郎やってた役者は神奈川で携帯ショップの店長やってますが(笑)



【評価】★★★★★

【コメント】
中学当時もすんげぇ面白かったけど、今見ても最高に面白い。
見所は愛徳のボンタン狩りっすね。
キーワードは「顔崎太」で(笑)

全然関係ないですが、この映画の完結編では、的場浩二が出てます。
他にも小沢仁志や立花理沙とかマニアック所が結構出てたりします。

昔も今も中山美穂が可愛いいとは思えない。。。。

印象に残った台詞は「むごい」でしょう(笑)
この言い方がめちゃめちゃ面白い。

264.jpg

「SAW」がいつまで経ってもレンタル中なので、その横にひっそりと置いてあった「CUBE」をレンタル。
ま、SAW的な映画ってことなんだろうね。

レビュー読んでみたら、殆どの人が面白いって言ってたんだけど・・・。
俺・・・・ダメだわ、この手の映画。
ま、謎解きものなのでストーリーにはあえて触れないでおきますが。

数学的要素満載の映画で、数学が大の苦手&大嫌いなヒロさんには全く理解できず(苦笑)
大体「素数」って何?????????みたいな感じで(笑)
前半から既に話しについていけず。

やりたいことはわかるんですよ。
密室に幽閉された人間の心理とか。
最終的に理性を保てなくなり、人格が破綻するとことか。

でもいかんせん謎が多い。多すぎる。
全部見終わった後謎だけが残り、他には何も残らない。
「何で??」ってのが多すぎて。
予想することも出来ない。
そもそもこのシチュエーションはどうやって出来たの??
なんでこの人達が選ばれたの???


誰か、この映画の感想聞かせて。

煮え切らないっすわ。

【評価】★☆☆☆☆

【コメント】
文系殺しの映画。因数分解とかもう忘れたっちゅーねん。
っていうか、因数分解ってなんだっけ??(笑)
素数なんて習ったかなぁ・・・・。
あ、じんましん出る(ハクション大魔王か)

cube_a.jpg

やっぱかっこいいわ・・・。
観終わってから、ただその一言に尽きる映画。

北村龍平監督お得意の(?)密室劇。
一幕モノってんですかね。
「VERSUS」は黄泉の森、「ALIVE」は隔離室、そしてこの「荒神」は古びた寺。
限られた空間の中で起こる物語。

もうね、どれをとってもめちゃめちゃかっこいい。

しかもこの映画の撮影日数わずか8日。
8日でよくここまでのもの撮れたなぁって。
ほんとすげぇよ。

ま、歴史マニアと映画マニアはこういう映画をボロクソに言うんだろうけど。
でも、こういう映画を娯楽として素直に楽しめないのは、ある意味可哀想だと思う。
めちゃめちゃかっこいいじゃん。
またDVD買いたくなった(笑)

キャストは大沢たかおと加藤雅也がメイン。
ほぼ二人だけの話し。
前半は会話中心。
後半はお待ちかねのアクションシーン。
もうアクション無きゃだめでしょ??
予想を遥かに越えるかっこよいアクション。

あとはセットだね。
毎回毎回ほんとに凝ってる。
仏像の顔が前半穏やかなのに、途中から阿修羅の表情に変わったりとか。
印象的なのが、やっぱり「光の射し込み」でしょ。
「ALIVE」の時もそうなんだけど、建物の隙間から射し込む光がほんとに綺麗。
綺麗で尚且つかっこいい。今回は紫色の光。
外から紫色の光??みたいなさ。
幻想的というか。
その光があるから、フィクションなんだって感じさせられる。

俺は大好きな映画なんだけど、観た人によって極端に好き嫌いが分かれるみたいだね。
レビュー読んでたらほんとに真っ二つだった。

なぜこのかっこよさがわからんかなぁ。

俺もこういう映画出たい!!!!!


【評価】★★★☆☆

【コメント】
かっこよさは文句無し。
設定、見せ方、セットなんかもバッチリ。
謎と話しを解決させないまま終わらせるのも、この監督の特徴。
でも、すんげぇぇぇ面白い。
始めと終わりをしっかり作ってるからかな??
DVDを借りた人はメイキングも見るべし!!

image09.jpg

北村龍平にどっぷりハマったヒロさん。
最近レンタル屋に毎週通ってます(笑)

北村監督の出世作「VERSUS」をレンタル。
これって自主製作だったよね??確か。

俺やっぱ好きだわ。この手の映画。
前半。坂口拓の台詞が棒読みになってるのが気になり、中々話に集中できない。
もしかしたらこれ台詞の部分吹き替え?!
うわぁ~~、邦画の一番嫌いなパターンやん。
昭和の映画じゃないんだからさ。
わからんようにやってくれればよかったんだけどな。

だがしかし!!!
そんなことは途中からどうでもよくなる。
アクションの激しさとかっこよさに目がくぎ付けになるからだ。
もうとにかくかっこいい!!
そして、気持ち悪い(笑)
怒涛のアクションが連続で続き、息をもつかせぬ展開。

やっぱりね、わかってるね。
かっこよく撮れるカメラワークとか、見せ方とか。
前回見た「ALIVE」もそうなんだけど、カット割がいちいちかっこいい。
役者も素晴らしいと思うよ、俺は。
自主製作なんてさ、中々いい役者とめぐり合うチャンスないじゃん。
いつも役者不足でさ。
そんな中でこれだけの連中が集まったのは奇跡だね。うん。奇跡。
それにアクション映画だからアクションの心得のある役者じゃないとダメだからね。

アクションのベースは少林寺拳法やね。
俺も小学生の時やってたから解るよ。
体のさばき方とか、ちょっとした動き方、相手への対峙の仕方とかで。
特に榊英雄はそうでしょ。
うれしいね。俺ももうちょっと続けてればよかったなぁ。
中学入って部活忙しくて辞めちゃったから。
続けてれば今ごろアクション俳優?!

前回見た「ALIVE」とこの「VERSUS」はDVD買っちゃいます。

【評価】★★★☆☆

【コメント】
ヒーローモノ的要素満載のアクション映画。
やっぱりね、榊英雄のなんとも言われぬかっこよさですよ。
それに尽きます。
見所は坂口拓と榊英雄の最後の対決シーン。
もうほんと日本人とは思えないアクションっすよ。
オチ(?)もちょっと意外で好き。
ヒロイン役の三坂知絵子にふぉ~りんらぶ。
レビュー読んでたら、ブサイクだとか散々書かれてましたが・・。
可愛いっちゅ~~~ねん!!!
めっちゃピュアやっちゅ~~~ねん!!!
俺にはストライクゾーン真中高めですよ。
大好きなタイプです。
特に上目遣い。。。。。はぅっ!!!
versus.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。